ども

得洗隊足立店です

さて皆さん

学生のころ

溢した牛乳を拭いた雑巾が

激しく臭いのは経験したことありますよね

得洗隊に駆け込んでくるお客様の中にも

牛乳を溢して臭いが取れない

といった問合せが入ってきます。

皆さんは車内で牛乳を溢したとき

どうされますか?

多くの人は

塗れた雑巾で拭いて

乾くのを待つ

といったところでしょうか

でも、

それは

学生の頃の

臭い雑巾と一緒な訳です

残念ながら

ネットで調べると

重曹が良いよ

なんて出てきますね

そのまま重曹の粉をかけて牛乳の水分を

含ませて掃除機で臭いと一緒に吸っちゃおう

みたいな事がネットに書いてあります

でも臭い取れません

あげくは、重曹の粉が掃除機で取れきれなくて

車内が白いです。

重曹を水に溶かして

重曹水をかけて拭くなんて紹介してる

ホームページも見かけます

でも臭い取れません

逆に水をかけた事で

更に繊維の奥の奥へと

染み込んでいって

更に臭いは酷くなります

溢した牛乳が床にこぼれず

シートの上だけで留まっていれば

超吸水のスポンジなどでとにかく直ぐに

吸い出す

乾湿両用の掃除機があれば

その掃除機で吸い出す

リンサーと呼ばれる機械で

吸い出す

とにかく1滴でも多く吸い出すことをオススメします

あと

牛乳は

たんぱく質とカルシウムとミネラル

これ

熱を加えると固まります

牛乳

温めると

白い膜できますよね

固まるんです

でも

ほっといても固まります

どちらにしても

固まって

臭いの原因になります

そして

この塊

残念なことに

菌が発生し

更には虫の餌になります

得に水かけて

応急処置した場合などは

湿気も加わって

2週間もすると

最悪ウジ虫わきます

こうなると

大体のお客様は得洗隊に連絡をくれます。

でも

溢した直後に

得洗隊足立店に電話をくれれば

時間も費用も

割とお手軽に済むのですが

2週間経ってからの作業ですと

時間も費用も

それなりにかかってしまいます

さて次回

第二話では

実際の写真を織り交ぜながら

牛乳を溢してしまった時の

消臭クリーニングを

お話しします。

ではまた